profile

 profile


当サイトをご覧頂きましてありがとうございます。

鎌形デザイン設計事務所は鎌形幸雄が代表を務めるプロダクトデザイン事務所です。
当方は開業以来、お客様からのご紹介や、実績を見て頂いてのご連絡で
さまざまな分野の商品開発を担当させていただいております。
商品開発をお考えで当方の業務に興味をお持ちいただけましたらお気軽にお問い合わせください。
アイデアやイメージは無形のたからものです。秘密保持厳守の上、大切に扱い具現化させていただきます。

face2

設 立 1996年8月
代 表 鎌形 幸雄
経 歴 試作メーカー、玩具開発メーカー、デザイン会社、水中撮影機材メーカー勤務の後、1996年フォルムデザインオフィス設立、2013年鎌形デザイン設計事務所に改称 東京都中小企業振興公社プランコンサルタント
受 賞
Good Design Award 商品デザイン部門、個人用品、育児・介護用品、公共のためのサービス・システム ひろしまグッドデザイン賞大賞、技術賞
設 備 SolidWorks、Rapid2DCAD、Rhinoceros、グラフィックツール、3Dスキャン(フォトグラメトリ)、熱溶解積層&光造形3Dプリンター等

デザインにおいての姿勢

商品「モノ」は明確な意義、主張、概念の上に存在し、使い手の心を豊かに、
喜び、楽しみ、助けになる体験「コト」のための手段であると思います。
古来より作り手と使い手は同一、もしくは密接な関係にあり、作り手は使い手の要望を把握し、
使い手の意見を取り入れながら、より使い勝手の良いもの、より便利なものへと進化を繰り返してきました。
現在、「モノ」は市場に溢れ、必要性に疑問を持つようなものも多くあるように感じます。
使い手の「コト」を疎かにして作り手の都合で生まれた結果であるようにも思われます。
どのような商品でも市場に生み出すエネルギーは必要です。しかし、そのエネルギーも的を外れては徒労に終わります。
モノ作りはコト作りに直結し、先ずはコトのイメージを確立させることが最も大切と思います。
鎌形デザイン設計事務所では商品の形を創る、綺麗に纏めるだけに留まらず、
商品背景からの提案を行わせていただきます。