鎌形デザイン設計事務所 KDSはデザイナーと設計者の両者の視点からのモノづくりを行っています。
分業の壁を取り払い柔軟で途切れや劣化の無いスムーズなサービスを提供します。

デザイン実務ではラフスケッチ以降の初期段階から3DCADを使用し美的感覚はもとより、機構、量産計画を考慮した提案を行います。
デザインの平面作業に合わせ、クレイモデル、3Dプリンターを用い立体造形での確認を行い、大型の機器も出来るかぎりペーパーモックなどで、
よりリアルなボリューム感や操作性などを検証し、設計に活かします。

設計実務では決定したデザインを劣化させる事無く忠実に美しく再現し、実現化に磨き上げます。
また、進行中に細部に変更が発生する場合であっても、デザインに影響しない最善の解決策を迅速に探し出し調整することが可能です。

幾通りもの方法で検討、確認を行うことにより、品質の向上、早期における問題点の洗い出しが可能になり、
開発期間の短縮やトータルコストの削減につながります。

デザインと3DCAD設計の連動、試作検証。
これら一連のプロセスにより柔軟で途切れや劣化の無いスムーズな商品開発を行えることが特徴のデザイン設計事務所です。
もちろん、各プロセスでの業務も多くお受けしております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。


 

事務所移転のお知らせ

2019年9月26日より事務所を下記へ移転しております。
〒186-0003 東京都国立市富士見台2-16-6 ラ・トゥール国立402 電話番号&ファックス:042‐849‐9013